読書の日の由来って?

読書の日の由来って?

4月23日は「読書の日」と定められています。今回はその読書の日の意義や由来について解説しています。

 

読書の日の由来とは

子供の読書活動の推進に関する法律で4月23日は「子供読書の日」が定められています。

 

これは子供が積極的に読書活動を行う意欲を高めるために設けられた日だそうです。

 

まあ子供読書の日なので、子供のための日なんですけど私としては大人でもどんどん読書したらいいと思います。

 

子どもの読書活動の推進に関する法律
子供の読書活動を推進する活動、その理念について定め子供の人間的な成長を手助けすることを目的として制定された法律。【詳細(ウィキぺディア)

 

 

読書量が将来に影響?

社会人の読書量と年収の関係】で紹介した記事のように読書量というのが将来に大きな影響を与えるのはおそらく本当のことだと思います。

 

女性に関しても年収が400万と平均を大きく超えるようなビジネスウーマンは普通の4倍もの本を読んでいるといいます。

 

現代人は忙しくてよく本を読む時間がないといいますが、電車の移動時間やその他隙間時間に読書をすることを徹底すれば月に2,3冊読むことはさほど難しくないと思います。

 

LINEをする時間、ネットサーフィンをする時間、家にかえってゴロゴロテレビを見る時間。普通の人はこういった時間を削れずにいますが、ビジネス的に成功している人は極力こういうものは削って読書で自己研鑽に励んでいます。

 

もちろん読めば稼げるようになるという単純なものではないことは確かですが、情報を積極的に仕入れようとする人と、そうでない人とでは社会的な成功確率に大きな差が出るのは言うまでもないでしょう。

 

「読書をすると成功する」というよりは「成功する人が読書に励む傾向にある」のですね。なのでそういった姿勢を学ぶことに意味があります。

page top