読書の大切さ ネットの声を集めてみた

読書の大切さ ネットの声を集めてみた

なんで本を読まないといけないの?このような素朴な疑問は本を読め読めと言われてきた子供時代には誰しも浮かんだのではないでしょうか。読書の大切さとは何なのか。色々な意見があると思いますのでネットで投稿されている様々な意見をまとめました。

 

読書の大切さまとめ

●フィクション・ノンフィクションに関わらず本の登場人物に感情移入して読むことは、他人の気持ちを読む練習になる。

 

●本を読み心を動かされることで感情が豊かになる。

 

●読書は1人でいる時間を作れる貴重な時間。1人でいる時間というのは自分の内面を見つめて客観的にみる時間だから成長過程では絶対に必要になる。

 

●自分1人で経験できることや学べることは一度の人生では限られている。だが本では人の経験や知識が学ぶことができる。

 

●内面が豊かになり奥が深い人間になれる。

 

●本とは人生における地図になる。

 

●小説では自分以外の人間の視点・気持ちにたって物事を考える貴重な時間。

 

●知識の幅を広げるためにも読書は必要。だがそれを自主的に行うようになれるかは両親の教育にかかっている。

 

●ビルゲイツの両親は本を身近な場所におき、ビルが本を好きになるように仕掛けたという。

 

●言葉でコミュニケーションをとり思いや考えをめぐらす人間にとって、本で語彙力や表現力を学ぶことはとても意義があること。

関連ページ

全ジャンルに通づる読書の魅力をざっと挙げてみた
全てのジャンルに通じる読書の魅力について年間200冊は本を読む私の考えを紹介しています。
成功するために本を読むのはいいこと?
経済的な成功を目指す場合本を読むことははたしていいことなのでしょうか。
読書で人生は変わるのか
読書が人生に与える良い影響とは何なのか。そして悪影響は一切ないのか。こういった疑問に対する私個人の考えを述べています。
読書の日の由来って?
子供読書の日の由来について解説しています。

トップ 読書の効果 読書法 読解力向上 読み聞かせ