全ジャンルに通づる読書の魅力をざっと挙げてみた

全ジャンルに通づる読書の魅力をざっと挙げてみた

全てのジャンルに通じる読書の魅力について年間200冊は本を読む私の考えを紹介しています。

 

読書の魅力まとめ

  • 知的好奇心を刺激でき、知性の育みに大きく貢献する。
  •  

  • 他人の人生経験を一冊の本から疑似体験できる。
  •  

  • 漫画と違って絵で情景が固定されていないので、自分の想像の余地が多くて面白い。
  •  

  • お金がかからない、どんな場所でも楽しめる娯楽。
  •  

  • 本を読んでいる間はあらゆる悩みやストレスから解放されて本の世界に現実逃避できる。
  •  

  • 本の作者の思考や人生観、価値観に直接触れることができ、自分の世界が広がる。
  •  

  • 実態のないものを脳内で再生する面白さがある。
  •  

  • 小説の中の表現や文章技巧が実際の会話や文章にも活きてくる。
  •  

  • 人との会話のネタになる。
  •  

  • 他人の目線で世界を見ることができる。

 

読書の魅力をざっと挙げてみました。おそらくどんな魅力があるか、というのは何を目的に読んでいるかによって違ってくると思いますが

 

私が本を何百冊と読んできて小説だろうと、ビジネス書だろうと自己啓発書だろうとどんな本にも感じる共通の魅力といったら今挙げたものです。

 

本を一冊読破した後というのは、他の人の世界観にどっぷり浸かった後ですから、どこか読む前とは違う自分になっていることに気が付きます。これがまた面白いんですよね。

関連ページ

成功するために本を読むのはいいこと?
経済的な成功を目指す場合本を読むことははたしていいことなのでしょうか。
読書で人生は変わるのか
読書が人生に与える良い影響とは何なのか。そして悪影響は一切ないのか。こういった疑問に対する私個人の考えを述べています。
読書の大切さ ネットの声を集めてみた
なんで本を読まないといけないの?このような素朴な疑問は本を読め読めと言われてきた子供時代には誰しも浮かんだのではないでしょうか。読書の大切さとは何なのか。色々な意見があると思いますのでネットで投稿されている様々な意見をまとめました。
読書の日の由来って?
子供読書の日の由来について解説しています。

トップ 読書の効果 読書法 読解力向上 読み聞かせ