社会人が読解力をつける方法

社会人が読解力をつける方法

社会人で読解力がないことに悩む方は意外と少なくないようです。確かにメールの文章や書類を読む必要がある社会人にとって読解力がないというのは困りものです。

 

社会人に求められる読解力

よく読解力をつけるために「とにかく読め!たくさん読め!」というアドバイスもありますが、これは人によっても全くの時間の無駄になりかねません。

 

ただ字面を追って本の世界に没頭しているだけでは大した読解力はつかないからです。

 

社会人に求められる読解力というのは要するに「要約力」のことです。読書力ともいいますが、ここでは要約力といったほうがわかりやすいでしょう。【関連記事:読書力とは

 

要約力というのは文章や説明の要点を頭の中で整理してまとめることです。これができないと仕事で混乱します。

 

要約力をつけるのにおすすめなのは長い文章を100文字程度の短い文章にまとめることです。

 

要約するうえで以下のことを守ってください。

 

  • 全体の流れを理解する。
  • 文章の中の主題と結論を探す。
  • 重要なポイントを選別する。
  • 誤解のない要約をする。

 

一番大事なのは2番目の主題と結論を探す部分ですかね。何を投げかけていて、それにどのような結論を持ってきているのか。

 

これが理解できればあとは主題と結論を結ぶのに、特に重要な部分をピックアップして結んでいけばいいのです。

 

これが最後の碁界のない要約をする部分というものです。

関連ページ

「読書力」とはどういった能力のことを指すのか
読書をすると「読書力」がつきます。おそらくこういわれてもパッとくる人ってあまりいないのではないでしょうか。読書力というのは具体的にどういった能力のことを指しているのでしょうか。
子供が読解力をつける方法
子供の教育において読書をすれば読解力が伸びるという考えは少々安直かもしれません。今回は読書量の問題に絡めて読解力をつける方法を紹介しています。
読書力を鍛えるには
前回は「読書力とは何か?」というお話をしました。今回はその読書力を鍛えるにはどうすればいいのか?というお話をしていきたいと思います。

トップ 読書の効果 読書法 読解力向上 読み聞かせ