読み聞かせの心理学的・脳科学的な効果

読み聞かせの心理学的・脳科学的な効果

読み聞かせの効果について紹介しています。絵本の読み聞かせが子供の今後の人生を大きく変えることになるかもしれません。

 

絵本の読み聞かせの効果とは

心理学的研究おいて3歳までに行う「読み聞かせ」が子供のその後の発達に大きな影響を与えることが明らかになったそうです。

 

3歳までに読み聞かせを行った子供は学校の成績や就職状況などが良い傾向にあるのだそうです。

 

こういった傾向を受けてアメリカ小児学会は赤ちゃんが生まれた時から読み聞かせの習慣を開始するようにとアドバイスするのだとか。

 

早めの読み聞かせをするほど

 

  • 興味
  • 情緒
  • 想像力
  • 思考力
  • 言語能力

 

子供のあらゆる感覚を刺激し良い影響を与えてくれるのだそうです。まだ言葉も理解できないうちに読み聞かせというのはやる側としては不思議な気もしますがね^^;

 

読み聞かせが人生を変えた「クシュラの奇跡」とは
クシュラの奇跡という実話の本では、腎臓や口腔に障害を持って生まれたクシュラという少女が生後4カ月の頃から母親から毎日14冊の読み聞かせをしてもらった結果5歳になるころには平均よりもはるかに高水準な知性を持っていたと語られています。

 

読み聞かせのメリット

親子間のコミュニケーションツールに

読み聞かせは話す親と聞く子という関係性が必然的に生まれます。親子間でのコミュニケーションが多い子供は豊かな人間性を培うといわれますし、これは非常に大きなメリットといえるでしょう。

 

語彙力がつく

幼いうちに繰り返し見聞きした言葉というのは脳に定着していきます。読み聞かせをしてもらっている子供はやはり話す時のボキャブラリーが平均よりずっと多いといいます。

 

想像力がつく

話を理解しようとする姿勢や、展開を自分で予想したりすることで想像力が養われていきます。

関連ページ

読み聞かせは想像力を豊かにする!
絵本の読み聞かせは子供の想像力を養います。今回はその理由について解説しています。
幼児への読み聞かせの方法やコツ
幼児への読み聞かせの効果については【読み聞かせの心理学的・脳科学的な効果】で解説しました。今回は具体的にどのような読み聞かせの方法が最も効果的なのかを紹介したいと思います。
読み聞かせは赤ちゃんのうちから
赤ちゃんへの読み聞かせの効果や姿勢、いつからやるべきかということについてお話しています。

トップ 読書の効果 読書法 読解力向上 読み聞かせ