読書スピードを上げる方法

読書スピードを上げる方法

読書をしてるけど読むのが遅い、読書スピードを上げたいと考えている方へアドバイスです。

 

本はゆっくり丁寧に読むものという先入観を捨てる

まず傾向として読むのが遅いという人はきっちり丁寧に読もうとしすぎなんだと思います。読書はそうやって読むよりも早く雑に読んだほうが意外にも頭に入ります。

 

読書はだらだら時間をかけてもあまり身にならないどころか、途中で集中力がつきて投げ出しかねません。

 

一度丁寧に読まなければ頭に入らないという不安を打ち消してみてください。

 

理解ができていないと思っても前に戻って読み返す必要はありません。大抵は先の文章や文脈で理解できますので杞憂に過ぎないでしょう。

 

頭の中で音読しない

これも読むのを遅くしてしまう要因になります。頭の中でいちいち文章を音として再生する必要はありません。

 

目で文章を追っていくだけでも意外と理解できているものです。これができないのは理解できないことへの恐怖がどこかにあるからです。

 

理解できないことは何も恥ずかしいことではないのです。わからなかったらまた後で読めばいいや。こういう軽い気持ちが大切です。完璧主義は人生いろいろ損しますよ。

 

1回で理解する必要はない

まず本はなくならないのですから、1回で全部理解する必要はありません。1回目は理解できなくてもいいのでとりあえず読み切ってしまいましょう。

 

そしたら2回目読むときはすでに1回目で流れをつかめていますし、何割かは理解できている状態なのでかなり負担は減ります。

関連ページ

おすすめの読書法
おすすめの読書法を紹介しています。
寝ながら読書は視力を低下させる?
寝ながら本を読むのは視力低下の原因になる可能性があります。どうして寝ながら読書が視力を悪くするのか。その理由を解説していきます。
朝の読書の目的や効果とは?
小学校〜中学校で盛んに行われている朝読書。その目的や効果について解説しています。
気持ちよく読書をするのにおすすめの場所ランキング
本を読むのに場所というのは結構大事ですよね。どんな人でも自分が一番リラックスして本の世界に没頭できる場所が望ましいでしょう。今回は本を読むのに最適の場所を紹介しています。
読んだ内容を忘れないための読書の仕方【長期記憶にするには】
よく「読書をしても内容を忘れてしまう」という悩みを聞きます。読んだ内容を忘れてしまうので、せっかく読書をしても何も効果がないのではないかという不安をお持ちの方が多いようですね。今回は忘れないための読書の仕方を紹介します。
読書が続かない場合 習慣化させ継続させるには
本を読みたい、読書家になってもっと知識を増やしたい。そう思ってはいるもののなかなか続かない・・・という悩みを抱えている人って結構いると思います。今回はそんな悩みを抱えている方へどうすれば読書を習慣にできるのか?ということをアドバイスしていこうと思います。
読書の時の正しい姿勢 これでもう疲れない!
読書をする時の正しい姿勢について紹介しています。
読書をしても頭に入らない場合の解決法
読書が大切だと思って読もうとするものの中々内容が頭に入ってこない・・・という悩みを抱えている人が多いようです。確かに情報のインプットが一種の目的である読書で内容が頭に入ってこないというのは問題ですね。解決法はあるのでしょうか。
読書をするのに最適な椅子の選び方
読書をするときに「疲れない」「目や首に負担にならない」最適な椅子の選び方を紹介しています。
音読が脳に与える良い影響
国語の授業では必ずと言ってもいいほどあった音読。これが嫌だという人もいたでしょう。ですが音読ほど脳を活性化させる活動はない文学者安達忠夫さんはいいます。

トップ 読書の効果 読書法 読解力向上 読み聞かせ