読書スピードを上げる方法

読書スピードを上げる方法

読書をしてるけど読むのが遅い、読書スピードを上げたいと考えている方へアドバイスです。

 

本はゆっくり丁寧に読むものという先入観を捨てる

まず傾向として読むのが遅いという人はきっちり丁寧に読もうとしすぎなんだと思います。読書はそうやって読むよりも早く雑に読んだほうが意外にも頭に入ります。

 

読書はだらだら時間をかけてもあまり身にならないどころか、途中で集中力がつきて投げ出しかねません。

 

一度丁寧に読まなければ頭に入らないという不安を打ち消してみてください。

 

理解ができていないと思っても前に戻って読み返す必要はありません。大抵は先の文章や文脈で理解できますので杞憂に過ぎないでしょう。

 

 

頭の中で音読しない

これも読むのを遅くしてしまう要因になります。頭の中でいちいち文章を音として再生する必要はありません。

 

目で文章を追っていくだけでも意外と理解できているものです。これができないのは理解できないことへの恐怖がどこかにあるからです。

 

理解できないことは何も恥ずかしいことではないのです。わからなかったらまた後で読めばいいや。こういう軽い気持ちが大切です。完璧主義は人生いろいろ損しますよ。

 

1回で理解する必要はない

まず本はなくならないのですから、1回で全部理解する必要はありません。1回目は理解できなくてもいいのでとりあえず読み切ってしまいましょう。

 

そしたら2回目読むときはすでに1回目で流れをつかめていますし、何割かは理解できている状態なのでかなり負担は減ります。

page top