読書をするのに最適な椅子の選び方

読書をするのに最適な椅子の選び方

読書をするときに「疲れない」「目や首に負担にならない」最適な椅子の選び方を紹介しています。

 

 

最適な椅子選びのポイント

高さが調整できる椅子

机に向かって読むときは本を机に預けながら読むことになると思いますが、この時に机の本の高さと同じ目線まで椅子の高さが調整できると目や首の負担が軽減されます。

 

深く座ることに苦がない

椅子に座る時は深く座るほうが骨盤が安定して、姿勢が維持しやすくなります。逆に骨盤が激しく傾斜してしまうような構造の椅子は例え楽でも長時間の姿勢維持には向かないと思われるので避けるべきです。

 

座面の材質や形状に気を使う

材質は柔らかすぎると逆に疲れやすくなります。適度な硬さがある材質の椅子を使いましょう。座面は疲れにくい優しい形状のものを選びましょう。

 

肘掛がある椅子を

肘掛は絶対必要というわけではありません。ただ肘掛があったほうが、机以外にも腕を預けることができる場所ができるので個人的にはあったほうがありがたいです。

 

 

良い椅子というものは読書だけでなく、長時間のパソコンやライティング作業といったデスクワークには欠かせないです。自分に合った最適な椅子を選んで長い付き合いをしていけるといいですよね。家具店などで実際に座ってみて、深く座るのに苦がない椅子を選ぶことをおすすめします。

page top