読書をしても頭に入らない場合の解決法

読書をしても頭に入らない場合の解決法

読書が大切だと思って読もうとするものの中々内容が頭に入ってこない・・・という悩みを抱えている人が多いようです。確かに情報のインプットが一種の目的である読書で内容が頭に入ってこないというのは問題ですね。解決法はあるのでしょうか。

 

 

頭に入らない原因

おそらくこういう人は読んだあと感想を求められてもいまいち説明がうまくできない、要点をうまくまとめられない人だと思います。

 

せっかく本を読んでも全く身になっていないようでは、あまり意味がありません。

 

原因としてはやはり関心が本に向いていないことがあると思います。

 

本を読むことがある種苦行のようになってしまっていませんか?

 

または読書中頭の片隅にゲームや漫画、テレビの存在があるのではないでしょうか。とくにテレビ中毒になってしまうと読書が苦痛になる傾向にあります。

 

テレビというのは映像と音声が一方的に送られてくるだけですので、脳はほとんど働きません。いわゆる「思考停止」の状態です。

 

脳というのは基本的に怠けたがりですから、怠けさせればさせるほど動かすのがつらくなります。

 

これはゲームや漫画ではある程度思考というものが必要になりますが、それでも読書に比べたらとても弱いものです。やはり映像や画像では磨かれない感性というものはあるんですね。

 

解決策

おすすめの方法としては「環境を変えてみる」というものがあります。カフェとか図書館とかがいいですね。

 

あとは電車の中とか。【読書に適した場所】でも紹介したように、環境を変えてみることで読書に対するモチベーションが上がったり、頭に入ってきやすくなります。

 

とくに家にいるとゲームや漫画が気になって集中できないという人にはお勧めの方法です。

page top