おすすめの読書法

おすすめの読書法

読書法によって読書の効果は2倍3倍にも増えていきます。今回はより読書により恩恵を受けることができるおすすめの読書法を紹介しています。

 

 

音読法

音読は声に出して本を読むことですね。この読書法のメリットはインプットとアウトプットを同時に行えることにあります。声に出して読むことで記憶の定着が高まり、アウトプットの精度も上がります。

 

復読

専門書などを読む時に実践している読書法です。専門書というのは一度読むだけでは理解しきれないので、何回も繰り返し読みます。コツは一回で理解しようとして一生懸命読まないことです。これは挫折の原因になってしまいます。大事なのは理解がおぼろでもいいのでとにかくページをめくること。頑張って理解しようとしなくても1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と理解度は少しずつ高まっていきます。

 

速読法

文章を行ではなく面で読む読書法を速読法といいます。これはやろうと思ってやれることでもないのですが、会得することで情報の取得スピードが圧倒的に上がります。文章から情報をより早く、より正確に読み取る訓練をする必要があります。

 

ただし速読術は「読んだ気になる」だけで、情報を体系つけて身につけることができないという疑問の声もあります。

 

本嫌いにはこの読書法がおすすめ!

本嫌いの場合でもまずは自分に抵抗のないジャンルの本を読んでみることをおすすめします。例えば今まで漫画しか呼んでこなかったような人ならライトノベルからならばとっつきやすいかもしれません。

 

実際僕も漫画以外の読書は面倒くさいものという認識しかありませんでしたが、ファンタジー系のライトノベルを呼んで活字を読むことの面白さを知りました。

 

ライトノベルというのは明確な定義はないがイラストが要所要所に挿入してある小説がライトノベルといわれる傾向にある。

page top