読書法のすすめ

読書の効果を最大限引き出す「読書法」を紹介しています。読書が苦手、続かないという方にも読書に対する抵抗を少なくするアドバイスをしています。

読書法によって読書の効果は2倍3倍にも増えていきます。今回はより読書により恩恵を受けることができるおすすめの読書法を紹介しています。音読法音読は声に出して本を読むことですね。この読書法のメリットはインプットとアウトプットを同時に行えることにあります。声に出して読むことで記憶の定着が高まり、アウトプットの精度も上がります。復読専門書などを読む時に実践している読書法です。専門書というのは一度読むだけで...

寝ながら本を読むのは視力低下の原因になる可能性があります。どうして寝ながら読書が視力を悪くするのか。その理由を解説していきます。寝姿勢での読書が目を悪くする原因ここでの目が悪くなるというのはいわゆる「近視」になることと定義つけています。■本との距離が近すぎるまず寝ながらの姿勢だと自然と本と目の距離が縮まってしまい、焦点の調節をするうえで負担がかかってしまいます。■暗すぎる仰向けに寝転がりながら本を...

小学校〜中学校で盛んに行われている朝読書。その目的や効果について解説しています。朝読書の目的とは朝の読書運動とは、朝の授業が始まるまでの短い時間に読書の時間を設ける運動のことです。時間としては10分15分という短い時間です。中学校・高校でも取り組んでいるところが多いですが小学校がメインの運動ですね。この朝の読書は以下の4つの原則でなりたっています。みんなでやる毎日やる好きな本で良いただ読むだけこう...

本を読むのに場所というのは結構大事ですよね。どんな人でも自分が一番リラックスして本の世界に没頭できる場所が望ましいでしょう。今回は本を読むのに最適の場所を紹介しています。電車の中電車の中での読書が一番集中できるという人も多いですよね。かくゆう私もその一人で、電車の中というのは他にやることがないという縛りも生まれるので読書に没頭せざるえない空間なんですよね。不思議と図書館のような静かな場所よりも、電...

よく「読書をしても内容を忘れてしまう」という悩みを聞きます。読んだ内容を忘れてしまうので、せっかく読書をしても何も効果がないのではないかという不安をお持ちの方が多いようですね。今回は忘れないための読書の仕方を紹介します。※今回お話する内容は専門書やビジネス書などの楽しみのためというより、勉強のために読む本が対象です。復読をする多くの人は専門書を買った時に最初から最後まで穴がないように理解しようと熟...

本を読みたい、読書家になってもっと知識を増やしたい。そう思ってはいるもののなかなか続かない・・・という悩みを抱えている人って結構いると思います。今回はそんな悩みを抱えている方へどうすれば読書を習慣にできるのか?ということをアドバイスしていこうと思います。読書=長時間読むことという固定観念を捨てるまず読書が続かないという人の多くは読書に対して多かれ少なかれ抵抗を抱いている人だと思います。でも読書って...

読書をする時の正しい姿勢について紹介しています。疲れない読書姿勢とは疲れない目にも骨格にも負担をかけにくい姿勢のポイントは以下の通りです。骨盤がしっかりと起きている目線がまっすぐである。背筋が自然に伸びているこういった条件は椅子に深く座る姿勢を保てば簡単に満たすことができます。机に向かって目線と同じ高さまで椅子の高さを調整するようにしてください。椅子に深く腰掛けることで、骨盤が固定されて姿勢が歪み...

読書が大切だと思って読もうとするものの中々内容が頭に入ってこない・・・という悩みを抱えている人が多いようです。確かに情報のインプットが一種の目的である読書で内容が頭に入ってこないというのは問題ですね。解決法はあるのでしょうか。頭に入らない原因おそらくこういう人は読んだあと感想を求められてもいまいち説明がうまくできない、要点をうまくまとめられない人だと思います。せっかく本を読んでも全く身になっていな...

読書をするときに「疲れない」「目や首に負担にならない」最適な椅子の選び方を紹介しています。最適な椅子選びのポイント高さが調整できる椅子机に向かって読むときは本を机に預けながら読むことになると思いますが、この時に机の本の高さと同じ目線まで椅子の高さが調整できると目や首の負担が軽減されます。深く座ることに苦がない椅子に座る時は深く座るほうが骨盤が安定して、姿勢が維持しやすくなります。逆に骨盤が激しく傾...

読書をしてるけど読むのが遅い、読書スピードを上げたいと考えている方へアドバイスです。本はゆっくり丁寧に読むものという先入観を捨てるまず傾向として読むのが遅いという人はきっちり丁寧に読もうとしすぎなんだと思います。読書はそうやって読むよりも早く雑に読んだほうが意外にも頭に入ります。読書はだらだら時間をかけてもあまり身にならないどころか、途中で集中力がつきて投げ出しかねません。一度丁寧に読まなければ頭...

国語の授業では必ずと言ってもいいほどあった音読。これが嫌だという人もいたでしょう。ですが音読ほど脳を活性化させる活動はない文学者安達忠夫さんはいいます。黙読と音読の違い黙読と音読の違いは簡単に述べると以下の通りです。■黙読目から脳へと情報を伝える、■音読目から脳へと情報を伝えるとともに、口で発した音でも耳から脳に情報を伝える。ようするに音読というのは目と耳の両方から脳へ情報を送ることができるので、...

page top