読書で集中力が鍛えられる?

読書で集中力が鍛えられる?

読書をすることで集中力が鍛えられます。読書というのはゲームや漫画と違って文章以外の情報が与えられませんから、それを補うために集中せざる得ない状況になるの良いんです。

 

読書は自分と向き合う時間

そして読書というのは1人になって、自分の内面と向き合う貴重な時間でもあります。著者の考え、登場人物の行動・言動にあなたの心がどう呼応するか。

 

読書中は無意識にあなた自身の考えと対比しているはずです。

 

仲間といることも大事ですが、思春期にはとくにこうやって自分を客観的に見ることに集中する時間が必要なんです。

 

世の中には色々な考え、価値観を持った人がそれぞれの人生を歩んでいることを知る。人から尊敬されるような奥深い人間になるためには必要なことです。

 

読書の仕方の注意点

読書で集中力を磨く上での注意点として以下のことを守ってください。

 

  • とにかく早く読む
  • 後戻りしない

 

この2点です。詳しく解説していきますと・・・

 

とにかく早く読む

速読とは違いますが、読むのならじっくり熟読するよりもさーっと早く読むようにします。人間早い速度で読もうとしたほうが、集中力とともに理解力がついてきます。ゆっくり読んでいるうちにダラダラ読みになってしまうことは避けましょう。

 

後戻りしない

途中で理解できていないことに不安を感じて後戻りする必要はありません。心配しなくてもその後の文脈や記述で理解できると思います。穴のないように細かいところもで読もうとするほど、この後戻りをたくさんしてしまい結局最後まで読めずじまいというところが多いです。まずは理解することから離れて一回通して読んでしまいましょう。

関連ページ

読書習慣から得られるメリット【読書のすすめ】
読書はあなたの人生に大きな影響を与えます。読書のすすめをする理由は読書を習慣化することで得られるメリットが多すぎるからです。
読書をすると語彙力がつく?
語彙を増やすのに読書が絶対の方法とはいいませんが、間違いなくプラスにはなると思います。今回はどうして読書で語彙を増やすことができるのか解説していきます。
語彙力を鍛える必要性
どうして語彙力を増やさなければいけないのでしょうか。別にボキャブラリーが貧困でも生きていけますよね。
読書がストレス軽減になる理由
毎日たった6分程度の読書が劇的なストレス解消効果があると期待されています。今回は読書のストレス解消効果について紹介しています。
読書が脳を活性化させる
読書は教養をつけて、内面を豊かにしてくれるだけでなく脳の活性化にも多大なる貢献をすることが近年の研究ではわかっています。
読書で会話力は伸びる?
読書は会話力向上に効果的なのでしょうか。
読書で思考力が向上する?
読書を読むことで思考力が向上することを期待している人へ注意点をば。
読書と学力の相関関係は微妙なところ
読書と学力の関係について解説しています。なおここでの読書は教科書や専門書など知識を得るためにする読書ではなく、小説などあくまで楽しみのために読む読書のことを指しています。
文章力をつけるのに読書は効果的?
文章力と読書量はかなり密接に関係しています。今回はどうして読書が文章力向上に貢献するのか解説しています。

トップ 読書の効果 読書法 読解力向上 読み聞かせ