読書習慣から得られるメリット【読書のすすめ】

読書習慣から得られるメリット【読書のすすめ】

読書はあなたの人生に大きな影響を与えます。読書のすすめをする理由は読書を習慣化することで得られるメリットが多すぎるからです。

 

表現力が豊かになる

今の時代は盛んに「コミュニケーション能力が大事だ」と言われますよね。確かにその通りで今は小手先の技術よりも人にものを伝える伝達能力のほうが応用がききます。そして伝達能力を身につけるには正しく言葉を選び表現する力が必要不可欠なんですよね。相手の心をうつのも豊富な表現力からです。

 

ストレスを軽減させる

ストレス社会といわれる現代。日頃職場や学校など様々な場所でストレスを抱えながら生きている人はたくさんいます。ですが毎日たった6分の読書がストレスを68%も軽減させることがイギリスのサセックス大学の研究によってわかったそうです。読書をすることでリラックス状態になって心拍数が下がり緊張を緩和してくれるのだそうです。

 

大脳の活性化

「読書は大脳のトレーニングである」これはオックスフォード大学の神経学名誉教授John Stein氏の主張です。本で読む文章の世界を想像することは大脳を刺激します。実際読書中の被験者の脳を測定したところ大脳の「景色」「音」「におい」「味」といった部分を認知する領域が活発に活動したそうです。

 

アルツハイマー予防になる

判断力の低下や、迷子、感情や人格の破綻など豊かな人生を壊しかねないアルツハイマー病。高齢化の影響からか日本国内の患者数は増え続けています。カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが学術誌に寄稿した内容によれば読書習慣はアルツハイマーの原因物質とされる「ベータアミロイド」の発生を抑制するそうです。

 

【参照元(英語):http://www.dailymail.co.uk/health/article-2193496/Getting-lost-good-book-help-healthy.html】

関連ページ

読書をすると語彙力がつく?
語彙を増やすのに読書が絶対の方法とはいいませんが、間違いなくプラスにはなると思います。今回はどうして読書で語彙を増やすことができるのか解説していきます。
語彙力を鍛える必要性
どうして語彙力を増やさなければいけないのでしょうか。別にボキャブラリーが貧困でも生きていけますよね。
読書がストレス軽減になる理由
毎日たった6分程度の読書が劇的なストレス解消効果があると期待されています。今回は読書のストレス解消効果について紹介しています。
読書が脳を活性化させる
読書は教養をつけて、内面を豊かにしてくれるだけでなく脳の活性化にも多大なる貢献をすることが近年の研究ではわかっています。
読書で会話力は伸びる?
読書は会話力向上に効果的なのでしょうか。
読書で思考力が向上する?
読書を読むことで思考力が向上することを期待している人へ注意点をば。
読書で集中力が鍛えられる?
読書をすることで集中力が鍛えられます。読書というのはゲームや漫画と違って文章以外の情報が与えられませんから、それを補うために集中せざる得ない状況になるの良いんです。
読書と学力の相関関係は微妙なところ
読書と学力の関係について解説しています。なおここでの読書は教科書や専門書など知識を得るためにする読書ではなく、小説などあくまで楽しみのために読む読書のことを指しています。
文章力をつけるのに読書は効果的?
文章力と読書量はかなり密接に関係しています。今回はどうして読書が文章力向上に貢献するのか解説しています。

トップ 読書の効果 読書法 読解力向上 読み聞かせ